ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県感染症情報センター

感染症発生動向調査情報

感染症発生動向調査とは

 「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)」に基づき、感染症の発生情報を収集・分析・提供・公開しています。

 

対象疾患について

 調査の対象となる疾患は、感染症法により定められており、大きく次のように分類されます。

 

 全数把握対象疾患…すべての医師が報告を行う感染症

 (1類・2類・3類・4類感染症、5類感染症の一部、新型インフルエンザ等感染症、指定感染症)

 定点把握対象疾患…指定届出機関(定点医療機関)が報告を行う感染症

 (5類感染症の一部、感染症法第14条第1項に規定する厚生労働省で定める疑似症)

 動物の感染症…獣医師が報告を行う動物の感染症

 

 感染症発生情報は、診断した医師、指定届出機関または獣医師から保健所を通じて県に報告(届出)されます。

 

 対象感染症一覧(PDF:148KB)

 

 詳細はこちらのリンクをご覧ください。

 感染症における医師から保健所への届出(保健医療課)

 感染症法に基づく医師の届出のお願い(外部サイト:厚生労働省)

 感染症法に基づく獣医師が届出を行う感染症と動物について(外部サイト:厚生労働省)

 

指定届出機関(定点医療機関)について

定点把握対象疾患の報告を行う指定届出機関(患者定点)は、インフルエンザ定点、小児科定点、眼科定点、基幹定点、性感染症定点および疑似症定点からなり、各定点の指定数は下表のとおりです。

また、患者定点の中から病原体定点を選定し、病原体検索のための検体の提供を受けています。

 

teiten

 

 

圏域・保健所区別について

 感染症発生動向調査では、5圏域または8保健所(県保健所7、岐阜市保健所1)単位で情報を取りまとめています。

 各圏域と保健所の所管市町村は、以下の図・表のとおりです。

 保健所地図保健所