ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

■岐阜県の人口・世帯数(平成30年10月1日現在)人口動態統計調査結果

平成30年11月8日

 

概要のダウンロード(PDF:182KB)

 

(注)人口及び世帯数は、平成27年国勢調査結果の確定値(平成28年10月26日公表)を基準とした推計値である。

 

推計人口1,999,406

前月差433人減少

前年同月差11,292人減少

 

エクセルファイル推計人口・世帯数の推移、人口動態の推移、転入・転出理由と移動の様子、市町村別人口・世帯数(xls:170KB)

1人口

 平成30年10月1日現在の本県の推計人口は、1,999,406となり、前月に比べ433人減少しました。

 

2自然動態(平成30年9月中)

 9月1か月間の出生数は1,076人、死亡数は1,646人となり、差引き570人の自然減少となりました。

 

3社会動態(平成30年9月中)

 9月1か月間の転入者数は5,089人(うち県外からの転入者数3,134人)、転出者数は4,952人(うち県外への転出者数2,997人)となり、差引き137人の転入超過となりました。
移動を理由別にみると、転入は、「職業上」が最も多く、次いで、「結婚・離婚・縁組」、「住宅事情」、転出は、「職業上」が最も多く、次いで「結婚・離婚・縁組」、「生活環境の利便性」の順に多くなっています。

 

4世帯

 平成30年10月1日現在の推計世帯数は767,744世帯となり、9月1か月間に352世帯増加しました。1世帯当たりの平均世帯人員は2.60となりました。

 

5市町村別人口動態(平成30年9月中)

 9月1か月間の人口増減を市町村別にみると、増加したのは可児市(165人)、瑞穂市(27人)、各務原市(21人)の14市町、減少したのは岐阜市(157人減)、郡上市(51人減)、海津市(44人減)など27市町村でした。

 

平成30年8月移動分

 

 ●市町村別人口・世帯数一覧のダウンロード(平成30年10月1日現在)●(PDF:129KB)