ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

可児駅本屋

 

建築物名称 可児駅本屋(JR太多線)
写真 可児駅1可児駅2
所在地 可児市下恵土1254
所有者 東海旅客鉄道株式会社
建築時期 大正7年
建造規模 木造平屋建
屋根 切妻形式
外壁 サイディング張
内覧の可否 不可
内覧についての特記事項

待合室のみ内覧可

概要 太多線の開通と同時に開業した駅舎。国鉄地方駅の代表的な造りである。木造躯体は建設当時のままであるが、屋根、外壁等は、改修が加わっている。
評価委員所見 少数となった昔ながらの鉄道駅