ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

アプリ開発サマーキャンプ2019inソフトピアジャパ開催報告

2019年8月22日(木)から24日(土)に2泊3日の日程で、ソフトピアジャパンドリームコアで「アプリ開発サマーキャンプ2019inソフトピアジャパン」を開催しました。

今回で7年目を迎えたサマーキャンプの開催状況をレポートします。

 

【参加者】県内各地域の高校1年、2年生計22名

【参加校】県立岐阜商業高校、県立岐阜各務野高校、県立大垣商業高校、県立海津明誠高校、県立東濃実業高校、県立土岐商業高校

 県立中津商業高校

 

1日8月22日(木)

<受付>

1 23

今年度のイベントシンボルカラーはホットピンク。

高校生のシャツはグレー、メンター(講師)のシャツはホットピンクに統一しました。

受付を済ませ、参加者はキャンプのシャツに着替えましたが、他校の生徒たちとの距離感が緊張を表しています。

<オリエンテーション>

1 23

今年の開発テーマは「岐阜の健康」であることから、「岐阜ならではのアイテムを取り入れ、健康を意識したアプリ制作にチャレンジし、岐阜から「元気」を広めてください。」と、ソフトピアジャパンの田口副理事長より激励がありました。

スケジュール説明の後、参加者全員で記念撮影。県内様々な地域から22名の高校生がソフトピアジャパンに集結しました!これから3日間、このメンバーでスマホアプリを開発します。

<アプリ開発研修1日目>

1 23

初日は、終日アプリ開発研修を行います。タイムカプセル株式会社の皆さんにご協力いただき、プログラミングをしたことがない生徒も一からアプリの使い方を学習します。「X-code」というプログラム言語の基礎を学び、画面のレイアウトの方法や、タイマーアプリ、タッチ機能を使うアプリを作成し、最後は簡単な自作アプリが作れるようになるまで指導していただきました。

メンターの中には、このキャンプの経験者が講師として参加しています。初日の研修は、予定通り21時30分で終了。翌日からのアプリ開発に備えます。

 

2日8月23日(金)

<アプリ開発研修2日目>

1 23

今朝は、昨日作成したオリジナルアプリの発表から始まりました。早朝から作業に取り掛かる生徒もいました。自己紹介も兼ねて、アプリで実現したこと、工夫したことなどを紹介しました。

続いて、デザイン研修では、Photoshopの使い方を学習しました。グラデーションによるボタンの陰影のつけ方など、UI/UXについての指導を受けました。

<アイデアワークショップ>