ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県の地域森林計画について

岐阜県の地域森林計画を紹介します。

地域森林計画とは

地域森林計画とは、森林法第5条の規定により、岐阜県知事が、県内の民有林の整備についてたてる計画です。
全国森林計画に即して、県内の森林計画区ごとに、10年を1期間としてたてられ、5年ごとに作り直されます。
地域森林計画書には、森林を整備するための方針や数量を掲載しており、5年ごとの見直しのほか、計画数量の変更などにあわせて変更計画書を発行しています。

岐阜県の森林計画区

岐阜県は、木曽川森林計画区、揖斐川森林計画区、宮・庄川森林計画区、長良川森林計画区、飛騨川森林計画区の5つの計画区に分かれています。(下記の図表のとおり)

<岐阜県の森林計画区>

森林計画区図

 

<各地域森林計画書PDFファイル>

凡例

地域森林計画書

計画期

 樹立年度

対象区域(農林事務所管内)

木曽川地域

木曽川地域森林計画書
<詳細はこちら>

第14次

平成29年度

可茂、東濃、恵那
揖斐川地域

揖斐川地域森林計画書
<詳細はこちら>

第14次

平成30年度

岐阜、西濃、揖斐
宮庄川地域

宮・庄川地域森林計画書
<詳細はこちら>

第14次

令和元年度

飛騨

長良川地域

長良川地域森林計画書
<詳細はこちら>

第13次

平成27年度

岐阜、中濃、郡上
飛騨川地域

飛騨川地域森林計画書
<詳細はこちら>

第13次

平成28年度

可茂、下呂

 

地域森林計画の策定

地域森林計画を策定するには、森林法に基づいた手続きをとる必要があり、以下のとおり実施しています。

今年度の策定手続きについて

 こちらをご覧ください。

 


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、AdobeReaderが必要です。AdobeReaderをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

AdobeReader<外部サイトへのリンク>

 

森林計画制度へ戻る