ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

学校給食地産地消推進事業

 ◆地元産の農産物をはじめとする県産農産物を積極的に活用した学校給食を通して、少年期からの食農教育を推進し、

 児童・生徒が「食」を選択する力を習得するとともに、県農業への理解を深めることで県産農産物の継続的な消費の

 拡大を図ります。

 

事業内容

 県内産農畜産物を使い、地産地消の推進、食の大切さや農業への理解を促進する学校給食の実施をする場合、以下の助成を行います。

(1)県内産の米、小麦粉、大豆、きのこ類、野菜・果実等、畜産物及び水産物の利用に際し、安価な県外産との価格差の一部を助成。

(2)米粉パン等を利用した場合、県内産パン用米粉と小麦粉の価格差の一部を助成。

 

 

 ◇助成対象品目について

野菜・果実等は、これまでぎふクリーン農産物、飛騨美濃伝統野菜及び市町村内産野菜・果実が助成対象でしたが、

岐阜県内産全体に対象を拡大しました(平成25年度から)。

米粉は、パン用に限定していましたが限定を解除しました。水産物を助成対象としました(平成29年度から)。

ミンチ肉は、混合割合が分かるものについては助成対象としました(平成30年度から)。

 

 ◇交付単価について

区分

交付単価(円/kg)
H30年度から

玄米

小麦粉 24
米粉 160
大豆 21
きのこ類 78
野菜・果実等 21
牛肉(混合割合が不明なミンチ肉は除く) 300
豚肉(混合割合が不明なミンチ肉は除く) 25
水産物 30

 

これまでの成果

 ◆米飯給食の週あたり平均実施回数

   S51 S55 S60 H2 H7 H12 H17 H23 H24 H25 H26
岐阜県 0.7 1.8 2.2 2.7 2.5 3.0 3.1 3.1 3.2 3.2 3.1
全国平均 0.6 1.4 1.9 2.5 2.6 2.8 2.9 3.3 3.3 3.3 3.4

注1)県教育委員会「岐阜県の学校給食」より(平成16年から算出方法変更)

 

 

 ◆学校給食における県産農産物の使用状況

品目名 H25 H26 H27 H28 H29 H30

H30年度

/H29年度比

玄米 2,103t 2,037t 1,676t

1,680t

1,713t 1,758t 103%
小麦粉 455t 416t 349t 342t 337t 349t 104%
米粉 14t 13t 11t 10t 15t 17t 113%
大豆 34t 32t 28t 30t 27t 29t 107%
きのこ類 13t 13t 10t 11t 13t 13t 100%
野菜・果実等 788t 836t 738t 718t 645t 639t 99%
牛肉 11t 11t 8t 4t 5t 6t 120%
豚肉 128t 131t 108t 134t 153t 156t 102%
水産物 22t 22t 100%

注1)農産物流通課調べ、補助対象使用量

注2)年度によって助成対象期間が異なる。

 平成27年まで:4月から翌年3月の給食最終日

 平成28年から平成29年:4月から翌年1月の給食最終日

 平成30年から:4月から翌年2月の給食最終日

 

 ◆学校給食における地場産物の活用状況調査結果(品目ベース)

   H25 H26 H27 H28 H29
岐阜県(%) 31.0 29.1 31.3 27.3 31.8
全国平均(%) 25.8 26.9 26.9 25.8 26.4

注1)県教育委員会体育健康課の調査結果より

 

 ◆学校給食における野菜と果実の使用状況調査結果(重量ベース)

   H14 H25 H26 H27 H28 H29
総使用量(t) 4,836 4,560 4,588 4,376 4,133 3,679

県内産使用量(t)

675 1,083 1,053 1,002 885 842
県内産使用割合(%) 14.0 23.7 23.0 22.9 21.4 22.9