ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ロケ地データベース

レトロな趣き

 

西洋式歴史建築物

 

日本大正村

■にほんたいしょうむら

恵那市明智町

大正浪漫あふれるタイムスリップタウン

当時の郵便局や木造三階建て住宅、米蔵や呉服屋の倉が並ぶ「大正路地」など大正時代の佇まいをそのまま残している町ぐるみの博物館。蓄音機やオルガン、懐かしのおもちゃもたっぷり。

大正村1 大正村2大正村3

 

名和昆虫博物館

■なわこんちゅうはくぶつかん

岐阜市大宮町(岐阜公園内)

ギリシャ神殿風切妻と白レンガの外壁

1919(大正8年)年竣工のレンガ作りニ階建ての美しい洋館で、切妻・桟瓦葺の屋根とペジメント形式の入口が特徴。ヘラクレス大カブト虫やギフチョウをはじめ1万2千種類30万匹の標本が集まる。

名和昆虫博物館1  名和昆虫博物館2名和昆虫博物館3

 

神言会多治見修道院

■しんげんかいたじみしゅうどういん

多治見市緑ヶ丘

ステンドグラスが美しい壮麗なバロック建築

1930(昭和6)年ドイツ人宣教師によって建てられた地上三階、地下一階の木造建築。周囲にブドウ畑が広がり、中世ヨーロッパの雰囲気がある。大聖堂の天井を彩るフレスコ画、キリストの生涯を描いた壁画が有名。◆休/月曜、年末年始

多治見修道院1 多治見修道院2

 

旧八百津発電所資料館

■きゅうやおつはつでんしょしりょうかん

加茂郡八百津町八百津

日本の水力発電史を語る木曽川水系初の大規模発電所

1911(明治44)年代に約700万円をかけて造られ、出力7,500kwを誇った画期的発電所。のち近代化遺産として国の重要文化財に指定された。発電所本館のほか、放水路の落差を利用した放水口発電所、他に類例のない発電所装置です。

八百津発電所1  八百津発電所2

 

見知食作館(旧白川町立大山小学校)

■みちくさかん

加茂郡白川町白山

赤い屋根と茶色の壁にホッとする村の学校

1984(昭和59)年まで小学校だった建物を改修して公民館に。一部は大工養成学校になっており、未来の建築のプロが伝統的建築技能やCAD設計などを学んでいる。旧校舎を背景に咲くサクラも格別。◆桜の見頃/4月中旬〜下旬

見知食作館1  見知食作館2見知食作館3

 

郡上八幡旧庁舎記念館

■ぐじょうはちまんきゅうちょうしゃきねんかん

郡上市八幡町島谷

新橋を渡ってすぐ、ホールも備えた愛らしい外観

1994(平成6)年まで町役場として使われていた建物を、建築当初の形や色に復元。一階は観光案内所、お土産屋、休憩所。二階には郡上おどり伝承のかわさきホールや和室がある。国の登録文化財。
◆休/年末年始◆施設利用/昼間のみ

郡上八幡旧庁舎1 郡上八幡旧庁舎2郡上八幡旧庁舎3