ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 県の概要 > 岐阜県の魅力 > 鹿児島県との主な交流事業

本文

鹿児島県との主な交流事業

記事ID:0009286 2018年10月10日更新 広報課 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

 岐阜県と鹿児島県は、青少年の相互交流や教職員の相互派遣などで交流を深めてきました。
 さらに、平成23年の盟約40周年を機に、観光などの共同PRや災害時における相互応援協定の締結など、新たな連携が生まれています。

姉妹県青少年ふれあい事業

 鹿児島県青少年との交流や歴史と自然の学習をとおして、人生に夢や目標をもち、自分の言動に責任をもって行動し、他者との協調性を備えた岐阜県の将来を担う健全な青少年のリーダーを育成することを目的とし、昭和47年度から交互に両県を訪問しあう交流事業を実施しています。

岐阜県男女参画青少年課のホームページ「姉妹県青少年ふれあい事業」

薩摩義士顕彰事業

 薩摩義士の偉業をたたえるため、毎年海津市の治水神社で春季顕彰(4月25日)および秋季顕彰(10月25日)が開催されています。岐阜県薩摩義士顕彰会が主催し、顕彰会の会員や義士の遺族等が参加します。

薩摩義士顕彰の様子

観光・物産の共同PR事業

 姉妹県盟約40周年を契機に、東京や大阪等で開催する両県の観光キャンペーン等において、相互にPRを行っています。

  • 「鹿児島・岐阜観光物産展in東京」(東京):両県の特産品販売や観光PR(平成23年~)
  • 「関西かごしまファンデー」(大阪):岐阜県の観光PR(平成23年~)

岐阜県観光連盟のホームページ<外部リンク>
鹿児島県観光連盟のホームページ<外部リンク>

その他事業

「災害時における鹿児島県・岐阜県相互応援協定」締結


平成23年11月7日、東日本大震災を踏まえ、同時に被災する可能性が低い両県の一方が被災した場合に、被災していない方の県が迅速に応援を行うこととする「災害時における鹿児島県・岐阜県相互応援協定」を締結し、防災訓練などで協力しています。
岐阜県防災課のホームページ「岐阜県が締結する災害時応援協定」

「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」による新たなスポーツ交流


 姉妹県盟約40周年を契機に、高橋尚子さんにゆかりのランニングコースが両県に整備されていることから、「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン<外部リンク>」開催時に鹿児島県天城町から選手を招待(平成23、24年)した他、主会場となる岐阜メモリアルセンターに鹿児島県のPRコーナーなどを設置しています。
※両県に整備されているゆかりのランニングコース※

  • 「高橋尚子ロード」(岐阜市)高橋尚子さんが高校時代にトレーニングを行ったコース
  • 「尚子ロード」(鹿児島県天城町)高橋尚子さんが実業団時代に合宿をしたトレーニングコース

県内市町における交流

県内市町においても、鹿児島県内の市と姉妹都市盟約等を締結し、交流を深めています。

海津市と霧島市姉妹都市盟約
海津市のホームページ「国内・国際交流鹿児島県霧島市」<外部リンク>

関ヶ原町と日置市兄弟都市盟約

<外部リンク>