ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 洞のミズバショウ、リュウキンカ群生地

本文

洞のミズバショウ、リュウキンカ群生地

洞のミズバショウ、リュウキンカ群生地[ほらのみずばしょう、りゅうきんかぐんせいち]

分類 天然記念物
指定別
所在地 飛騨市宮川町洞
所有者 飛騨市
指定年月日 昭和52年6月24日

洞のミズバショウ、リュウキンカ群生地

 JR高山本線坂上駅から北東10km、標高980mにあるこの湿原は、宮川支流、洞谷の源流をなしている。四方を山に囲まれた総面積90,000m2、その内指定地の面積は50,000m2で北東〜南西に長くほぼ楕円形の湿原である。ここに長さ500mの木道があり、北東に向かって木道の右側に長さ800m、幅2mほどの流れがあり、その両岸にミズバショウ、リュウキンカの群落がある。この群落に混じってわずかにザゼンソウ、コパイケイソウ、ヤナギ、コメツガなどがみられる。
5月上旬には、満開の純白のミズバショウ、純黄のリュウキンカが湿原特有の景観をつくり出す。