ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 若宮八幡神社スギとトチノキの双生樹

本文

若宮八幡神社スギとトチノキの双生樹

若宮八幡神社スギとトチノキの双生樹[わかみやはちまんじんじゃすぎととちのきのそうせいじゅ]

分類 天然記念物
指定別
所在地 飛騨市宮川町大無雁
所有者 若宮八幡神社
指定年月日 昭和52年6月24日

若宮八幡神社スギとトチノキの双生樹

 JR高山本線角川駅から約1km南東にある若宮八幡神社境内にこのスギとトチノキがある。地上0.7mのところで二股になり、根元は癒着している。スギの目通り幹周囲6m、樹高37m、枝張り東7.0m、西6.8m、南11.0m、北7.0m。トチノキの目通り幹周囲3.7m、樹高17m、枝張り東12.3m、西6.5m、南10.0m、北14.0mである。癒着しているスギとトチノキの根元の幹周囲は10mである。スギとトチノキの巨樹の珍しい双生樹である。