ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 半原人形浄瑠璃の頭と衣裳[はんばらにんぎょうじょうるりのかしらといしょう]

本文

半原人形浄瑠璃の頭と衣裳[はんばらにんぎょうじょうるりのかしらといしょう]

分類 重要有形民俗文化財
指定別
所在地 瑞浪市日吉町町屋
所有者 日吉神社
指定年月日 昭和49年11月13日

半原人形浄瑠璃の頭と衣裳

 半原の人形浄瑠璃は、4月11日の日吉神社の祭礼に奉納される。人形浄瑠璃に使われる人形には、大きく分けて阿波人形と大阪人形がある。阿波人形が大きくつやがあるのに対して、大阪人形は小さくつやがない、という特徴がある。なお、つやの出方の違いは、仕上げ時の上薬の塗り方の差によって生じる。半原の人形は阿波系で、植毛もあり、ツメも古風である。この点で本巣市に伝わる真桑文楽の人形を対照をなしている。ほとんどの頭には銘が無く製作者は不明であるが、阿波の天狗久の銘があるものが3点、淡路の由来亀の銘があるものが4点ある。その中で特に阿波の天狗久(本名吉岡久吉)は、阿波徳島の人形細工師として近代の名人と称された人物である。衣装は80点も残されており、かつては多くの上演題目があったことをうかがわせる。

<外部リンク>