ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 仏徳禅師筆遺偈[ぶっとくぜんじひつゆいげ]

本文

仏徳禅師筆遺偈[ぶっとくぜんじひつゆいげ]

分類 重要文化財
指定別
所在地 多治見市虎渓山町
所有者 永保寺
指定年月日 昭和32年3月25日

仏徳禅師筆遺偈

 紙本横披で、明治以降改装し、巻止には「開山大和尚辞世偈」と墨書されている。また、箱は江戸時代のもので、蓋表に「開山大和尚辞世偈・永保寺」、裏に「開山□尚遺偈之箱・雲外沖寄附」と墨書してある。
仏徳禅師は名を本元、字は元翁といい建長寺の仏国に学び、得度、夢窓疎石とともに美濃の古渓に庵をたてて禅寂枯淡を楽しんだ。