ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 仏徳禅師書跡「吹毛不曾動」[ぶっとくぜんじしょせき]

本文

仏徳禅師書跡「吹毛不曾動」[ぶっとくぜんじしょせき]

分類 重要文化財
指定別
所在地 多治見市虎渓山町
所有者 永保寺
指定年月日 昭和32年3月25日

仏徳禅師書跡「吹毛不曾動

 「吹毛不曾動」の吹毛は剣のことで、「めったに宝刀はふりまわさねぞ」を意味している。
紙本で鼎形印文「本元」、方形印文「元翁」二顆を印し、何れも陽文である。吹字の旁、欠の上部を補填した跡がある。巻止めに「夢窓国師真筆」と墨書し、これを抹消して「仏徳禅師真筆」と改書してある。夢窓国師と見誤ったのは文字が宋様から和様化し、法兄夢窓国師の書風に似ていることによる。
箱は江戸期のもので、蓋表に「開山大和尚手字」、裏に「吹毛曾不動」「夢窓国師真筆」とある。