ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 諏訪神社の狛犬[すわじんじゃのこまいぬ]

本文

諏訪神社の狛犬[すわじんじゃのこまいぬ]

分類 重要文化財
指定別
所在地 下呂市小坂町大島
所有者 諏訪神社
指定年月日 昭和47年6月16日

木造諏訪神社の狛犬

左:吽形[うんぎょう]右:阿形[あぎょう]

  • 檜材
  • 像高両像共に42.0cm

 この諏訪神社の狛犬は、リアルを主体とした作風であるが、装飾的要素も加わり、髯をはじめ、各所に様式化されたところがある。彩色の美しい狛犬であったと思われるが、現在はほとんど剥落して、胡粉が全身に渡ってわずかに残っている。向かって左側の吽形に胡粉が多く残り、下塗の砥の粉(褐色)も残っている。両像共に細部は精巧な彫りで、牙歯がこまかく揃っている。全体としての保存状態は良い。
しかし、寄木の継目や木地が露出している。この狛犬は室町時代の作と考えられる。