ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 木造増長天像[もくぞうぞうちょうてんぞう]

本文

木造増長天像[もくぞうぞうちょうてんぞう]

分類 重要文化財
指定別
所在地 美濃市上河和
所有者 霊泉寺
指定年月日 昭和45年10月27日

木造増長天像

  • 檜材寄木造彫眼
  • 像高:98.0cm台座の高さ:14.0cm

 檜材の寄木造、彫眼の立像である。右手は三叉鉾[みつまたほこ]を高く振り上げ、左手は剣を執り、腰にあてている。甲冑を著け、邪鬼を踏みつけて岩座に立つ姿である。もとは、着色されていたが、彩色が剥落して木肌が表れ、所々木寄せの部分の割れが見える。各所に木目がみえ長い時代の経過を物語って美しいが、天部像としては、やや迫力に乏しい。増長天は、四天王の一つであり、十二天の一つでもある。また、十六善神の一つでもある。南方天ともいい、南方を守護する護法善神である。
この像の制作は、鎌倉時代と推定される。