ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 木造薬師如来坐像[もくぞうやくしにょらいざぞう](江龍寺)

本文

木造薬師如来坐像[もくぞうやくしにょらいざぞう](江龍寺)

分類 重要文化財
指定別
所在地 美濃市横越
所有者 江龍寺
指定年月日 昭和45年10月27日

木造薬師如来坐像

  • 檜材寄木造彫眼
  • 像高:87.0cm

 左膝の上にのせた左手に薬壺[やっこ]を持ち、右手は施無畏印[せむいいん]を結び、結跏趺坐[けっかふざ]している。
面貌は明晰である。衣文[えもん]は浅いが流麗で、膝は低い。調和のとれた姿で、しかも堂々たる威厳が感じられる優れた薬師像である。現在、全体に黒色をして光沢があり、鍍金のはげた金銅像を見るような趣がある。
この像の特色は頂上の肉髻[にくけい]が大きいことである。像に損傷は見あたらない。ただし、手にした薬壺と光背は後補である。また、台座は飛鳥時代の仏像に多い裳懸座であるが後の補作である。造顕は藤原時代と推定される。