ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 紙本著色円空画像[しほんちゃくしょく・えんくうがぞう]

本文

紙本著色円空画像[しほんちゃくしょく・えんくうがぞう]

分類 重要文化財
指定別
所在地 高山市丹生川町下保
所有者 千光寺
指定年月日 昭和47年12月13日

紙本著色円空画像

 円空の画像は関市弥勒寺にあったが、大正9年(1920)の火災によって原本は焼失した。これを神岡町(当時)の大森旭亭が模写したものが千光寺の画像である、焼失した画像は誰の作か伝わっていない。
この画像の円空は岩座に座し、数珠と独鈷をもち、異様な頭巾を被り、鋭い目つきをしている。
この画像の裏面には、高山の国学者、田中大秀の裏書きがある。また、軸の上部には「一心」と書いた紙が張りつけてある。他に田中大秀の弱々しい変体仮名の文書があり、それによると、文化2年(1805)に模写したことが知られる。また、田中大秀が千光寺に寄進したもので、円空の画像として唯一のものである。