ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 絹本著色東陽英朝禅師像[けんぽんちゃくしょく・とうようえいちょうぜんじぞう]

本文

絹本著色東陽英朝禅師像[けんぽんちゃくしょく・とうようえいちょうぜんじぞう]

分類 重要文化財
指定別
所在地 加茂郡八百津町八百津
所有者 大仙寺
指定年月日 昭和63年8月23日

絹本著色東陽英朝禅師像

 成立の時期が明らかで、室町時代中期の頂相として優秀な出来栄えを示している。
讃には、英朝の帰依者の一人、斉藤教仲居古(基広)が師英朝の姿を絵師に命じて描かせて持参し、讃を頼んだので自ら許したとある。