ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 絹本著色愛染明王立像[けんぽんちゃくしょく・あいぜんみょうおうりゅうぞう]

本文

絹本著色愛染明王立像[けんぽんちゃくしょく・あいぜんみょうおうりゅうぞう]

分類 重要文化財
指定別
所在地 郡上市白鳥町長滝中切
所有者 阿名院
指定年月日 平成15年9月19日

絹本著色愛染明王立像

 画面中央、礼盤上に左足で立ち右足を蹴り上げる邪立走勢の態をなす赤肉身・八面八臂の忿怒尊を描く。また、向かって右下には左方を向いて立つ比丘僧を配し、左下には岩の上に立つ一身双体の道家風の男を配する。忿怒尊の真面は開口、上牙上出で他の小七面はいずれも忿怒形・閉口で髪を逆立てる。八臂はそれぞれ法具を取る。腰には腰衣を巻き、腰紐を長く垂らし裳を着け豹の皮を前に垂らす。比丘僧は白肉身で両手で唐扇を取り衲衣、袈裟、裳を着ける。一身双体の男は白肉身で大きな首飾りを肩にかける。比丘僧と道家風の一身双体の男を組み合わせた構図は珍しく他に例のないものである。描法の点から見れば、各部の描写は細緻であり、描線も優れた作品である。制作時期は、室町時代中期と見られる。