ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 絹本著色不動明王坐像[けんぽんちゃくしょく・ふどうみょうおうざぞう]

本文

絹本著色不動明王坐像[けんぽんちゃくしょく・ふどうみょうおうざぞう]

分類 重要文化財
指定別
所在地 郡上市白鳥町長滝中切
所有者 阿名院
指定年月日 平成15年9月19日

絹本著色不動明王坐像

 不動明王は、大日如来が姿を忿怒身に変えたもので、その利益効能が絶大であるとして、広く信仰されてきた。不動は顔を向かってやや左方に向け、右手に剣、左手に羂索をとる。肉身は青黒色で目を大きく見開き、上歯で下唇をかむ。頭上には白蓮華をいただき、髪は惣髪で、左耳前に弁髪を垂らす。真っ赤な火焔光が画面の背景全体を覆う。この作品は平安時代初期、空海が唐から請来した図像を忠実に踏襲した不動明王像で、すぐれた作域のものである。制作時期は、室町時代前期と見られる。