ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 絹本著色道雅法印像[けんぽんちゃくしょく・どうがほういんぞう]

本文

絹本著色道雅法印像[けんぽんちゃくしょく・どうがほういんぞう]

分類 重要文化財
指定別
所在地 郡上市白鳥町長滝中切
所有者 阿名院
指定年月日 昭和41年9月14日

 絹地に長滝寺下の一坊阿名院の開山道雅法印が、法衣の上に七条袈裟をつけ、畳台に坐った姿を着色をもって描いたものである。法印はやや右斜め向きで、顔も右上方を見上げ、右手を開いて何かを持ち上げているような変わったポーズになっている。
上部に七行の讃があるが、文字は不明なところが多く、読み下すことは難しいが、幅の裏には下記のような讃の写しが貼りつけてある。
当院開基道雅書
天文龍集卯八月良辰 晃晃無一亦是無 万象森羅元来一古
来爾乗而西辺杜行 半天耳目成振徹者
道雅肖像 依夢