ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 絹本著色二尊観音像[けんぽんちゃくしょく・にそんかんのんぞう]

本文

絹本著色二尊観音像[けんぽんちゃくしょく・にそんかんのんぞう]

分類 重要文化財
指定別
所在地 郡上市白鳥町長滝中切
所有者 阿名院
指定年月日 昭和41年9月14日

絹本著色二尊観音像

 絹地に左右並んだ二躯の尊像を大きく描き、上部に横に小さく三躯の仏像を描いたものである。二躯の尊像は円光光背の背にし、蓮台の上に立ち、肉身は金色で、頭には豪華な宝冠をいただき、胸には優美な胸飾りをつけている。また、如来がまとっているような法衣を通肩にして身につけている。向かって右の尊像は両手を腹の上あたりで軽く重ねており、向かって左の尊像は、右手を胸の前に掌を上にしてささえ、右手は垂下している。この二尊像を寺伝では観音とみてこの図を二尊観音と呼んでいる。
上部に描かれている三躯は、蓮台の上に結跏扶坐しており、蓮台の下に白雲が描かれ、その雲の先が斜め上になびいている。印相は不明で判別は難しいが、この三躯が如来像であることは間違いない。
描線は細い金泥線をもってし、法衣には小さい花文などを金泥で描いている。唇と手足の線だけ朱を用いているほか、他の絵の具や墨を使用していない点は珍しい描法と思われる。