ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 一光三尊弥陀仏[いっこうさんぞんみだぶつ]

本文

一光三尊弥陀仏[いっこうさんぞんみだぶつ]

分類 重要文化財
指定別
所在地 海津市
所有者 行基寺
指定年月日 昭和32年12月19日

絹本著色一光三尊弥陀仏

 行基寺の一光三尊阿弥陀仏は、白雲に乗った阿弥陀如来が、画面中央に正面を向いて直立している。阿弥陀如来前方両側の観音菩薩及び勢至菩薩も白雲に乗り、美しい宝冠を戴いて腰を折った敬虔な動作の姿勢で立っている。
阿弥陀如来は全身が、截金[きりがね]の美しい線条に埋められ、人間を迎える姿勢となっている。本格的な仏画である。藤原時代の仏画に多く描かれた鉄線描法も、繊細、優美に洗練され、暈染も所々に美しく見られる。