ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 紙本著色鷹図六曲屏風[しほんちゃくしょく・たかずろっきょくびょうぶ]

本文

紙本著色鷹図六曲屏風[しほんちゃくしょく・たかずろっきょくびょうぶ]

分類 重要文化財
指定別
所在地 岐阜市長良雄総(岐阜市歴史博物館寄託)
所有者 護国之寺
指定年月日 昭和56年9月16日

紙本著色鷹図六曲屏風

 この屏風は、鷹狩りに使われる鷹を1羽ずつ描いたものを六曲一双屏風としたものである。筆致などから、江戸時代初期に制作されたものと推定される。
この屏風における画家の主眼は、鷹狩り用の鷹の様々な形態、色彩、動作などを正確に描き留めることにあったと思われ、的確な画技により、実現されている。
寺伝では、この屏風を土岐の鷹というが、土岐派の実体は曖昧である。制作時代、筆者などを確定することは難しいが、出来映えは優れており、美濃の絵画史上、意義のある作品である。また、1幅ごとに改装されず、押絵貼屏風の形態で保存されてきたことも評価できる。