ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 絹本著色如覚上人像[けんぽんちゃくしょく・にょかくしょうにんぞう]

本文

絹本著色如覚上人像[けんぽんちゃくしょく・にょかくしょうにんぞう]

分類 重要文化財
指定別
所在地 岐阜市長森本町
所有者 願養寺
指定年月日 昭和45年1月20日

絹本著色如覚上人像

 黒衣[こくえ]の上に墨袈裟[すみげさ]をかけ、両手で数珠をつまぐり、顔をやや左向きにして畳台[じょうだい]に座った姿を描いた画像である。高僧としての如覚上人の風貌がよく現れている。画面中央の右側に「如覚上人」の墨書銘がある。裏書があったが、虫害のため判読できない。
如覚上人は浄土真宗開祖親鸞聖人の第5子有房(後名益方道性)の子で、聖人の孫にあたる。浄土真宗の一派誠照寺[じょうしょうじ]派は、親鸞聖人を開祖とし道性が第2世、如覚上人は第3世である。