ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 教育・文化・スポーツ・青少年 > 文化・芸術 > 文化財 > 絹本著色阿弥陀如来像[けんぽんちゃくしょく・あみだにょらいぞう]

本文

絹本著色阿弥陀如来像[けんぽんちゃくしょく・あみだにょらいぞう]

分類 重要文化財
指定別
所在地 岐阜市西之荘
所有者 立政寺
指定年月日 昭和46年9月14日

絹本著色阿弥陀如来像

 この絵画は上品下生[じょうほんげしょう]印を結び、踏み分け蓮台に立った、いわゆる来迎形の阿弥陀如来を極めて大きく描いたものである。細く強い線で真摯丹念に描かれ、法衣は金泥の上に雷文や麻の葉文の截金[きりがね]彩色が施されており、極めて美しい。頭の後ろには大きい円光光背を描いてある。この絵画は傷みは少なく、賦彩の褪色及び剥離は目立たず、立派な阿弥陀画像である。
寺伝によると平安時代の高僧慧心(源信)僧都筆となっているが、様式からは鎌倉時代の制作と推定される。