ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・防災・環境 > 環境 > 環境保全 > 令和4年度アスベスト大気環境測定結果

本文

令和4年度アスベスト大気環境測定結果

令和4年度アスベスト大気環境測定結果

 アスベストによる大気汚染の現状を把握し、今後の対策の基礎資料とするため、令和4年度に実施したアスベスト除去作業現場周辺におけるアスベスト濃度測定結果がまとまりましたのでお知らせします。

アスベスト(飛散性)除去作業現場周辺

測定場所

測定日 総繊維数【本/リットル】 アスベスト繊維数【本/リットル】
高山市 令和4年9月22日 0.056未満〜0.11
大野町 令和4年10月4日 0.056未満〜0.056
大垣市 令和4年11月18日 0.056〜0.22
関市 令和4年12月13日 0.056〜0.17
可児市 令和5年2月3日 0.056〜0.48
中津川市 令和5年2月7日 0.45〜0.85
瑞浪市 令和5年2月21日 0.056〜0.17
笠松町 令和5年3月1日 0.056〜0.19

<参考>

  • 測定方法は、環境省アスベストモニタリングマニュアル第4.2版(令和4年3月)による。
  • 各対象施設の周囲4か所で4時間測定(1地点当たり4検体)
  • 総繊維数が1本/リットルを超えた現場については、総繊維数中のアスベストの有無について分析検査を実施している。
  • 大気汚染防止法においてはアスベスト除去作業現場周辺のアスベスト繊維数の基準は定められていないが、アスベスト発生施設の敷地境界基準は10本/リットル以下とされている。