ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

弾道ミサイル落下時の行動

  • 弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性があります。
  • ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国からの緊急情報を瞬時に伝える「Jアラート」を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急情報を受信した場合は、行政からの指示に従って、落ち着いて下記の2点を行ってください。

1 速やかな避難行動
2 正確かつ迅速な情報収集

緊急情報が出た時の対応

  • 北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があると判断した場合には、政府は、全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用し、緊急情報を伝達します。
  • Jアラートを使用すると、市町村の防災行政無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・緊急速報メールが配信されます。

 ※大手携帯事業者以外の事業者が扱うアンドロイド端末における緊急速報メールの受信について(PDF:125kb)

<メッセージの例>
 直ちに避難。直ちに避難。直ちに頑丈な建物の中、又は地下に避難してください。ミサイルが落下するものとみられます。直ちに避難してください。

メッセージが流れたら、落ち着いて直ちに行動してください。

【屋外にいる場合】

  • 近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中や地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難する。
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

※県が指定する緊急一時避難施設等はこちらよりご確認いただけます。

【屋内にいる場合】

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

弾道ミサイル啓発広告

※日本の領土・領海に落下する可能性又は領土・領海を通過する可能性がないと判断した場合は、Jアラートは使用しません。なお、この場合、日本の排他的経済水域(EEZ)内にミサイルが落下する可能性があるときは、Jアラートは使用しませんが、船舶、航空機に対して迅速に警報を発します。

より詳細な内容を知りたい場合は、内閣官房ポータルサイト<外部リンク>よりご確認ください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>