ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ヘルプマーク

ヘルプマークを見かけたら「思いやりのある行動」をお願いします

<平成29年8月1日よりヘルプマークの配布を開始!>

 岐阜県では、「岐阜県障害のある人もない人も共に生きる清流の国づくり条例」の施行を踏まえ、「人にやさしい岐阜県づくり」の一環としてヘルプマークを導入し、8月1日より配布しています。
 ヘルプマークの定着には、必要な方への配布はもちろんですが、県民一人一人の理解が何よりも不可欠です。ヘルプマークの利用者を見かけたら「思いやりのある行動」をとっていただくようお願いします。

1.配布要領

  1. 配布開始日
    平成29年8月1日(火曜日)
  2. 配布場所
    1. 各市町村障がい福祉担当課
    2. 岐阜地域福祉事務所、県事務所福祉課(西濃、揖斐、中濃、可茂、東濃、恵那、飛騨)
    3. 岐阜県庁障害福祉課
    4. 障がい者総合相談センター(身体障害者更生相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センター、発達障害者支援センター)
  3. 配布条件
    • ご希望の方に無償で配布します。
    • 上記の窓口で、概要を説明のうえお一人につき1個個別に配布します。
    • 配布にあたり、障害者手帳、身分証明書等の掲示、申請書等の提出は不要です。
    • ご家族や支援者等の代理人による受取も可能です。
    • 郵送による配布は行いません。

2.ヘルプマークとは?

義足や人工関節を利用している方、内部障がいや難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方々が、バッグ等に身に付けることで、周囲の方に手助けを必要とすることや「見えない障がい」への理解を求めるものです。
平成24年度に東京都が作成し、現在多数の府県で導入が広がっています。

ヘルプマーク使用例※手のひらサイズの長方形のストラップ。赤地に白色で十字マークのハートが描かれており、赤は「ヘルプ=普通の状態ではない」ことを発信し、ハートは相手に「ヘルプする気持ちを持っていただく」という意味を含んでいます。また、裏面には、必要な支援が記載されたシールが貼ってあります。

3.県民のみなさまにお願いしたい「思いやりのある行動」

  • 電車やバスの中で、マークの利用者を見かけたら席をお譲りください。
  • 駅や商業施設等で、困っているマークの利用者を見かけたら、声をかける等の配慮をお願いします。
  • 災害時は、マークの利用者が安全に避難するための支援をお願いします。

4.岐阜県ヘルプマークサポーターについて

県民一人ひとりが多様な障がいへの理解を深め、障がい者が生活しやすい社会環境づくりの推進を図るため、岐阜県ヘルプマークサポーター制度を開始し、研修会を開催しています。

【岐阜県ヘルプマークサポーター制度】
 岐阜県ヘルプマークサポーターとは、障がいの特性や配慮を理解し、ヘルプマーク所持者に対する声掛けや手助けを実践する人のことです。
 本制度では、様々な障がいの特性や、それに応じた支援の方法及び障がい福祉制度を内容とした、岐阜県ヘルプマークサポーター研修を開催します。研修を受講した方の中で、サポーターとしての活動にご協力をいただける方に、岐阜県ヘルプマークサポーターとして、サポーターカードを交付します。


【研修案内】
 今年度の研修は、県内4か所で予定しています。研修の受講を希望される方は、申込書をメールまたは郵送により、障害福祉課までご提出ください。
・募集案内(申込書) [PDFファイル/426KB]
※申込みは先着順です。
※メールに申込書を添付することが難しい場合は、受講希望会場、氏名、連絡先、E-mailアドレス、居住市町村、希望するサービスをメールに入力して送付いただくことも可とします。
※メールにて申込みをされた方は、提出後3日以上経過しても県からの連絡がない場合、下記の連絡先までご連絡をお願いします。
​※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、次の事項にご協力をお願いします。
 1. 研修を受講される際には、必ずマスクを着用してください。
 2. 研修の前後や休憩時間では、人と人との距離を適切に確保してください。
 3. 会場では、手洗いうがいや手指消毒を行ってください。
 4. 発熱や風邪などの症状がある方の受講はご遠慮ください。


 令和4年度研修予定

会場(定員) 日時 場所
中濃会場(30名)

令和4年8月20日(土曜日)
13時30分から15時00分

岐阜県中濃総合庁舎 大会議室
​(〒501-3756 美濃市生櫛1612-2)

東濃会場(30名) 令和4年9月5日(月曜日)
13時30分から15時00分

岐阜県恵那総合庁舎 大会議室
(〒509-7203 恵那市長島町正家後田1067-71)

西濃会場(30名) 令和4年9月14日(水曜日)
13時30分から15時00分

岐阜県揖斐総合庁舎 大会議室
​(〒501-0603 揖斐郡揖斐川町上南方1-1)

岐阜会場(30名) 令和4年9月23日(金曜日・祝日)
14時00分から15時30分

OKBふれあい会館 中会議室
​(〒500-8384 岐阜市薮田南5-14-53)

 

【研修実績】
 令和3年度は研修を動画形式にて実施しました。​
 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=BZdHOBsLSls<外部リンク>
​※動画閲覧は無料です。


 令和2年度は下記のとおり研修を実施しました。

会場(参加人数) 日時 場所
岐阜会場(参加:23名)

令和2年7月10日(金曜日)
13時30分から15時00分

岐阜県障がい者総合相談センター 大会議室
(〒502-0854 岐阜市鷺山向井2563-18)

恵那会場(参加:10名) 令和2年7月17日(金曜日)
13時30分から15時00分

岐阜県恵那総合庁舎 大会議室
(〒509-7203 恵那市長島町正家後田1067-71)

西濃会場(参加:27名) 令和2年7月21日(火曜日)
13時30分から15時00分

岐阜県西濃総合庁舎 大会議室
(〒503-0838 大垣市江崎町422-3)

飛騨会場(参加:8名) 令和2年7月30日(木曜日)
13時30分から15時00分

岐阜県飛騨総合庁舎 分館大会議室
​​(〒506-8688 高山市上岡本町7-468)

 

【自治体・団体向けの研修について】 

 上記の研修以外にも、希望される自治体や団体に対して講師を派遣し、研修会を実施します。
 (※会場確保をはじめ、研修会実施に必要な諸準備は、申込をされる自治体・団体で行う必要があります。)
 研修を希望される場合は、申込書に必要事項を記入し、研修実施日の1か月前までに提出してください。

【活動報告を募集しています】

 ヘルプマークサポーターとしての活動や、街で見つけた思いやりのある行動、ヘルプマークの普及啓発についてお気づきのこと等、皆様の声を募集しています。
 届いた声は、ホームページでご紹介させていただく場合がございます。
 応募先:障害福祉課社会参加推進係
 電話番号:058-272-8309、FAX:058-278-2643、E-mail:c11226@pref.gifu.lg.jp

5.ヘルプマークの啓発にご協力ください!

ヘルプマークの啓発を応援いただける方や事業所に、ポスター及びチラシをお配りしています。詳しくは下記の県庁障害福祉課へお尋ねください。

6.普及啓発資料

 啓発チラシやポスターを掲載しています。啓発の際にご活用ください。
 これらの他に、ヘルプマークを活用した啓発物の作成等をされたい場合は東京都が作成する「ヘルプマーク作成・活用ガイドライン」を御覧ください。

ヘルプマーク作成・活用ガイドライン(東京都ホームページ)<外部リンク>

7.主要行事

ヘルプマークに関し、これまでに県で行った主な行事を掲載しています。

主要行事のページ

8.ヘルプカードについて

令和3年9月1日より、岐阜県で新たに「ヘルプカード」を作成・配布しております。
「ヘルプカード」とは、手助けが必要な人が普段から身につけておくことで、周囲の配慮や手助けをお願いしやすくするものです。
「ヘルプカード」を持っている方ご本人の氏名や緊急連絡先、必要な援助等を記載する欄があるため、カードを見せることで周囲の方に必要な情報をすぐに、正確に伝えることができます。ヘルプマークと併せてぜひご活用ください。

・ヘルプカード 様式 [PDFファイル/1.02MB]
※個人情報が記載された大切なカードです。カード記入後は、紛失にご注意ください。

配布場所及び配布条件等は、ヘルプマークと同様です。
詳しくは、障害福祉課社会参加推進係までお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>