ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子ども・女性・医療・福祉 > 障がい者 > 法令・計画等 > 強度行動障がい支援者養成研修(実践研修)

本文

強度行動障がい支援者養成研修(実践研修)

下記の内容をよく読んでお申し込みください。

令和2年度強度行動障がい支援者養成研修(実践研修)実施要項

研修の目的  行動障がいを有する者のうち、生活環境への著しい不適応行動を頻回に示すいわゆる「強度行動障がい」を有する者は、自傷、他害行為など、危険を伴う行動を頻回に示すことなどにより、日常生活に困難が生じているため、現状では事業所での受け入れが消極的であったり、身体拘束や行動制限などの虐待につながる可能性も懸念されるところです。一方、障がい特性の理解に基づく適切な支援を行うことにより、強度行動障がいが低減し、安定した日常生活を送ることができることが知られています。このため、強度行動障がいを有する者に対し、適切な支援計画を作成することが可能な職員の育成を目的とする強度行動障がい支援者養成研修(実践研修)事業を実施することとします。
実施主体 岐阜県(社会福祉法人岐阜県福祉事業団障害者地域支援・研修センターが岐阜県より委託を受け、実施します。)
研修期日及び会場

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、今年度は講義(オンライン)、演習(会場)の全3日間で開催します。

〈講義〉※オンラインにて実施
【A日程・B日程共通】令和2年10月7日(水曜日)

〈演習〉※会場にて実施
【A日程】10月8日(木曜日)、9日(金曜日)
【B日程】10月29日(木曜日)、30日(金曜日)

【会場】テクノプラザプラザホール(各務原市テクノプラザ1-1)※A日程・B日程共通
【電話】058-379-2232

受講対象者  障害福祉サービス事業所等において、知的障がい、精神障がいのある児者を支援対象にした業務に従事している者、もしくは今後従事する者であり、かつ強度行動障がい支援者養成研修(基礎研修)を修了している者。
受講定員 100名程度
※申込者多数の場合は、選考により受講の可否を決定させていただきます。

プログラム、申込み方法等については下に添付の実施要項をご覧ください。

様式等 ダウンロード
実施要項 実施要項(PDF形式:260KB)

申込書

※今年度基礎研修を受講される予定で、実践研修の申込みを希望される方は、基礎研修修了証書の代わりに【基礎研修受講者証】のコピーを同封してください。

※その他補足事項等がありましたら、様式中備考欄にご記入ください。

申込書様式(PDF形式:134KB)

申込書様式(Excel形式:63KB)

記載例(PDF形式:107KB)

配慮の申出書(PDF形式:62KB)

配慮の申出書(Excel形式:33KB)

日程希望の理由書(PDF形式:66KB)

日程希望の理由書(Excel形式:36KB)

修了証明書 全課程の修了者には、岐阜県知事名の修了証書を交付します。
遅刻・早退・欠席の場合、原則修了書は交付されません。
また、受講態度が悪い方(私語、居眠り、携帯電話の使用等)について修了証書は交付されません。

問い合わせ先

〒501-3938関市桐ヶ丘3丁目2番地ひまわりの丘地域生活支援センター内
障害者地域支援・研修センター
電話番号0575-23-2551
障害者地域支援・研修センター担当:森藤・矢島

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>