ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子ども・女性・医療・福祉 > 健康 > 感染症対策 > 風しん抗体検査が無料で受けられます

本文

風しん抗体検査が無料で受けられます

対象者への無料風しん抗体検査を行っております。

 20~40代の女性の約15%は、風しんへの十分な免疫を持っていないといわれています。妊娠を希望する女性、妊娠を希望する女性の夫または同居者及び十分な免疫を持っていない妊婦の夫または同居者は、風しん抗体検査を受けることをご検討ください。

 県内(岐阜市を除く※)に住所を有し、次のA、BまたはCに該当する方
 A:妊娠を希望する女性
 B:妊娠を希望する女性の夫または同居者
 C:妊婦(風しん抗体価が低い妊婦に限る)の夫または同居者
 ただし、過去に風しんに係る抗体検査を受けた結果、十分な量の風しんの抗体があることが判明し、当該予防接種を行う必要がないと認められる者は除きます。

※岐阜市に住所を有する方は、岐阜市保健所専用ホームページで御確認ください。
 岐阜市保健所「風しん抗体検査について」<外部リンク>

<風しんの追加的対策(風しんの第5期の定期接種)>
 2022年3月31日までの間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性が、風しんの定期の予防接種の対象者として追加されました。
 上記年代の男性には、市町村から抗体検査及び予防接種のクーポン券が送付され、原則無料で風しん抗体検査と予防接種が受けられます。制度の詳細は、厚生労働省ホームページ<外部リンク>の「風しん抗体検査・予防接種の実施自治体一覧」を御確認いただき、お住まいの市町村にお問い合わせください。

受付・実施場所

 県内の協力医療機関 [PDFファイル/523KB]で直接、受付して、抗体検査を受けることができます。
 お手数ですが、事前に協力医療機関へ受付時間などをお電話でご確認ください。

 協力医療機関以外では、無料検査は受けられません。

検査方法

採血による検査(HI法)を行います。

※検査の結果、抗体価が低い(HI法16倍以下)と判断された場合は、予防接種を受けてください。
 お住まいの市町村によっては、予防接種に係る助成制度を設けている場合があります。

※風しんの追加的対策では、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性が、抗体検査の結果、「HI法8倍以下(または他法で同程度)」だった場合を予防接種の対象としておりますが、「HI法8倍より高く16倍以下(または他法で同程度)」だった場合の岐阜県の考え方は以下のとおりです。

様式等【協力医療機関のみなさまへ】

下記様式を印刷し、使用することが可能です。【様式1】については1部印刷し、記入の上残り3部をコピーしてください。記入した(県提出用)及びコピーした(請求用)を提出してください。

「風しん抗体委託検査申込(問診)票兼結果票【様式1】」について

  • 4枚複写様式もご用意しております。必要な場合は、各地域医師会又は岐阜県医師会へご連絡下さい。

「風しん抗体委託検査費用請求書【様式2】」について

  • 「岐阜県医師会長様」あてで作成し、岐阜県医師会へご送付ください。
  • 料金については岐阜県医師会へお問い合わせください。

啓発用リーフレット

風しん抗体検査委託事業の啓発リーフレットを作成しておりますので、積極的に御活用ください。
 風しん抗体検査が無料で受けられます[PDFファイル/146KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>