ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

車いすバスケットボール体験教室を開催しました(中津川市立付知南小学校)

 

平成30年11月6日(火)、中津川市立付知南小学校5,6年生の児童と車いすバスケットボールチーム「岐阜SHINE」の6名のメンバーが交流しました。

児童は、「岐阜SHINE」6名の選手による約15分間のデモンストレーションを見学し、その後、グループごとに車いすの前後進行練習、鬼ごっこ、シュート練習を経て、選手と児童の混合で試合を行いました。

 

 選手の試合だ!!入るか!?

 

児童は、なかなかシュートを決めることができませんでしたが、シュートが入った時には見学していた保護者からも拍手が起き、とても盛り上がりました。

試合後には、各グループに選手2名が入って、『語る会』を実施し、「なぜ車いす生活になったのか?」、「車いす生活で不便なことは何か?」等児童からは沢山の質問が飛び交い、それらに答えてくれる選手の話を真剣に聞いていました。

最後には、児童たちが育てた花を各選手へ贈呈し、保護者も交えみんなで記念撮影をして楽しく体験教室を終えました。

 

選手の話を真剣に聞く児童 花を贈呈です!