ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

トピック

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

 新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者やそのご家族、濃厚接触者の方々、医療・福祉従事者等あるいは物流など社会機能の維持に必須とされる職業に従事する方々、海外からの帰国者や外国人の方々等に対する不当な差別や偏見、いじめ、誹謗中傷等があってはなりません。

 

 人権侵害につながる不当な差別や偏見等を生み出さないよう、正しい情報に基づいた冷静な対応をとり、お互いの人権に配慮した行動をとることが大切です。

 

 

〇県民の皆さまへ

 

・新型コロナウイルスについて正しい理解を深めましょう

 国や地方公共団体等の出した情報など、正しい情報を入手し正しい理解を深めましょう。

 

・冷静な行動をとりましょう

 新型コロナウイルスは誰もが感染しうる感染症です。

 また、それと同時に誰もが気づかないうちに他人に感染させてしまう可能性のある感染症です。他人事ではありません。

 不当な差別や偏見等を生み出さないようお互いの人権に配慮した冷静な行動をとりましょう。

 

・医療従事者をはじめとする新型コロナウイルスへの感染リスクと隣り合わせで働いている人々に対し、敬意を払いましょう

 

 

 新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!負のスパイラルを断ち切るために(外部サイト)(日本赤十字社)

 感染の拡大を防ぐために大切なお知らせ「ウイルスの次にやってくるもの」(外部サイト)(日本赤十字社新型コロナウイルス感

 染症に対する活動報告ページ下部)

 

 

〇もし、新型コロナウイルスに関連する偏見、差別等の被害に遭ったら

 

 下記の窓口では、様々な人権問題についての相談を受け付けています。

 

法務省の人権擁護機関(外部サイト)

 

・岐阜県人権啓発センター

 058−272−8252(平日午前9時00分から午後5時00分まで)



人権啓発展のご案内

〇令和元年度人権啓発展についてはこちら(PDF:99KB)

 

審議会・懇話会等

岐阜県人権懇話会の開催

〇令和元年度人権懇話会の概要はこちら

 

岐阜県地方改善促進審議会の開催

〇令和元年度地方改善促進審議会の概要はこちら

 

多様な性に関する懇話会

県では、性的少数者が抱える課題等について広く意見を聴取するため、「多様な性に関する懇話会」を設置しています。

 

〇令和元年度第2回「多様な性に関する懇話会」の開催結果はこちら(PDF:259KB)

 

・令和元年度第2回「多様な性に関する懇話会」(詳細はこちら

 日時:令和2年1月20日(月)13時30分から

 会場:岐阜県議会西棟第2会議室

・会議の公開(令和2年1月20日の傍聴について

 公開に関しては、「岐阜県人権懇話会の会議の傍聴に関する取扱要領(PDF:137KB)」

 及び「岐阜県人権懇話会を傍聴する方への注意事項(PDF:106KB)」を準用します。

 

〇令和元年度第1回「多様な性に関する懇話会」の開催結果はこちら(PDF:235KB)


「部落差別の解消の推進に関する法律」について

 全ての国民に基本的人権の享有を保障する日本国憲法の理念にのっとり、部落差別のない社会を実現することを目的として、

平成28年12月に「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました。

 

「部落差別の解消の推進に関する法律」(PDF:124KB)



北海道大学及び札幌医科大学が保管する身元が判明したアイヌ民族の御遺骨等の返還手続について

 北海道大学及び札幌医科大学が保管するアイヌ民族の御遺骨等のうち、身元が判明した御遺骨等(以下、「特定遺骨等」という。)について、

平成26年6月に国が定めた「個人が特定されたアイヌ遺骨等の返還に関するガイドライン」および平成28年3月に大学が保管するアイヌ遺骨

の返還に向けた手続等に関する検討会が取りまとめた、「大学が保管する特定遺骨等の返還に関する手続の詳細について(意見まとめ)」に

基づき、平成28年9月30日から、ご遺族にお返しする取組を開始しております。

 つきましては、今回の取組を周知するため、両大学のホームページのURLをリンクいたします。

特定遺骨等返還に関するホームページ

 北海道大学アイヌ遺骨等返還室(外部サイト)

 札幌医科大学事務局総務課(外部サイト)