ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

戸入村平遺跡(とにゅうむらだいら)

所在地

揖斐郡揖斐川町:旧徳山村戸入地区(いびぐんいびがわちょう:きゅうとくやまむらとにゅうちく)

地図(外部サイト)

時代

縄文時代

 

調査区全景

 

 

 

 

 

 

 徳山における中心集落

 

 

 

発掘状況

 揖斐川支流西谷(にしだに)の河岸段丘に立地し、竪穴住居跡(たてあなじゅうきょあと)10軒を確認しました。土器片11万点・石器7,000点が出土し、縄文時代の徳山における中心集落と考えられます。

竪穴住居

 

 

 

 

 

 溝がめぐる13号住居跡

 

 

 

 縄文時代中期の竪穴住居跡。中央部付近には、石囲い炉があり、まわりには溝がめぐります。

 

炉跡

 

 

 

 

 

 石囲い炉

 

 

 

土器埋設1

 

 

 

 

 

 

 埋設土器

 

 

 17号住居内に完全な形で埋められた土器

 

土器出土状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 底部のみが割られ埋められた土器

 

 

遺跡紹介に戻る