ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

金ヶ崎遺跡(かながさき)

所在地

可児郡御嵩町比衣

地図(外部サイト)

時代

弥生時代から近世

遺跡遠景1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遺跡遠景

 

 

発掘状況

 弥生時代末の方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)群、竪穴住居跡(たてあなじゅうきょあと)が見つかり、多孔銅鏃(たこうどうぞく)や土器が出土しました。
また、古墳時代終わり頃の竪穴住居跡も見つかりました。

方形周溝墓

 

 

 

 5号方形周溝墓

 

 

 

東海地方に集中して出土する多孔銅鏃が見つかりました。

 

方形周溝墓

 

 

 

 3号方形周溝墓

 

 

 

高坏(たかつき)や壺(つぼ)など、お墓での祭祀(さいし)に使われたと考えられる土器が多く出土しました。

 

方形周溝墓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上からみると四角い形がよく分かります。

 

遺跡紹介に戻る