ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

赤保木遺跡縄文土器2

遺跡名

赤保木遺跡

所在地

高山市赤保木町宮ヶ平

時代

縄文時代

種類

縄文土器

出土状況

竪穴住居跡(SB8)

赤保木遺跡縄文土器2竪穴住居跡の土器敷炉から出土した縄文時代中期後葉の深鉢です。口縁部には大型の把手が二つ付帯しており、胴部には横向きに隆帯や沈線で渦巻文が描かれています。二次被熱していないことから、炉(住居)廃絶時に置かれたと思われます。

口径:20.4cm
底径:5.8cm
器高:30.0cm

 

 

 

 

 

 

 

 

遺物紹介へ戻る