ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

大垣祭や附朝鮮山車附属品[おおがきまつりやつけたりちょうせんだしふぞくひん]

■分類 重要有形民俗文化財
■指定別
■所在地 大垣市
■所有者 各祭やま保存会
竹島町祭典保存会
■指定年月日 昭和46年9月14日
昭和54年6月15日
大垣祭附朝鮮山車附属品
 大垣祭りの車山は、現在は次の9基と朝鮮山車の付属品が遺る。
・神楽車山:俗に市山車といい、その町の子供が打ち囃す。(本町、中町、新町年々交代奉曳)
・大黒車山:空襲で大黒の頭部のみ焼失し、昭和30年(1955)、製作。(魚屋町、竹島町、俵町交代奉曳)
・恵比寿車山:左甚五郎の作と伝える。(船町、伝馬町、岐阜町、宮町交代奉曳)
・鯰車山:瓢箪を持った老人が大鯰を取り押さえようとする車山(魚屋町)
・菅原車山:もと船山車という。濃尾震災で焼失し、現在のは大正7年(1918)の製作。(新町)
・榊車山:かつては朝鮮人来聘の行列を模した車山、明治2年(1869)に現在のものに改めた。(竹島町)
・玉の井車山:もと竜神車山といい、後に玉の井車山と改称。明治年間に大改造をした。(船町)
・松竹車山:大正元年(1912)の作、弁財天を首座とし、白兎が餅つき餅まきの所作をする。(伝馬町)
・愛宕車山:屋台の柱に正徳2年(1712)新調とあり、確証あるものでは最古の車山。(岐阜町)