ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

巌立[がんだて]

■分類 天然記念物
■指定別
■所在地 下呂市小坂町落合中サキ平
■所有者 下呂市
■指定年月日 昭和32年12月19日
巌立
 JR高山本線飛騨小坂駅の南東約8km、御岳山の西麓にある。この付近の地質は石英斑岩と御岳山火山体を形成している数種の安山岩類、凝灰岩、集塊岩及び河川流域の新旧河成堆積物で構成されている。
「巌立」は御岳山の火山活動の初期の噴出物である摩利支天第六溶岩が濁河川(大俣川)の渓谷に沿って流下して形成されたいわゆる「押し出し」の末端近くに発達した柱状節理である。濁河川と椹谷(小俣川)の合流点に椹谷に直面して高さ約30m、幅約100mにわたって懸崖をなして露出しており、見事な景観をつくり出している。この溶岩流はこの付近で幅約300m、厚さ約400mで椹谷の旧期河成堆積物の上に直接乗っている。