ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

衣裳塚古墳[いしょうづかこふん]

■分類 史跡
■指定別
■所在地 各務原市鵜沼羽場町
■所有者 空安寺
■指定年月日 昭和32年3月25日
衣裳塚古墳
 衣装塚古墳は、各務原台地の東端部、一輪山古墳と坊の塚古墳との中間に位置する。
直径52m、高さ7mの円墳で、墳頂部平坦地は直径12.73mである。隣接する寺院の削平状況から本古墳が円墳ではなく、前方後円墳ではないかという説もある。
墳丘の東部及び南部は一部開墾されて畑地となっているが、発掘された形跡もなく原形をよくとどめている。築造時期については、4世紀末?5世紀前半と考えられている。
衣裳塚古墳の東方36mのところに、三角縁神獣鏡や鉄鏃が出土した直径約9mの一輪山古墳が位置していたが、現在では消滅している。