ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

    木造阿弥陀如来座像[もくぞうあみだにょらいざぞう]

    ■分類 重要文化財
    ■指定別
    ■所在地 飛騨市国府町木曽垣内
    ■所有者 国分尼寺
    ■指定年月日 昭和39年12月8日
    ●材質・造法等檜材寄木造彫眼
    ●法量像高:177.0cm台座の高さ:97.5cm

     上品上生印を結び、蓮華座に坐した阿弥陀如来像で、いわゆる丈六像といわれるものである。檜材でできており、眼は彫眼となっている。顔から胸、腹にかけての部分は造顕当時のものであるが、肩から両手、膝から足にかけての部分、及び蓮台は後補であり、光背はない。なお頭上の肉髻(にくけい)のおよそ半分は欠失している。造顕当時の面貌、胸や腹の部分は作行が優れている。平安時代の作とみて誤りはないようである。
    修理は胎内の墨書銘から、幕末の慶応2年(1866)に行われたことが明らかになった。この大仏は「木曽垣内のおおぼとけ」といわれ、この地方では有名である。