ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ヤマコウモリ

ヤマコウモリ NyctalusaviatorThomas 絶滅危惧I類

 

(環境省:準絶滅危惧) コウモリ目ヒナコウモリ科

 

選定理由 既知のすべての生息地で生息条件が著しく悪化しており、個体数が危機的水準まで減少している。 写真を拡大表示します
形態の特徴 前腕長58〜65mm、頭胴長88〜113mm、体重26〜61gの大型コウモリ。翼を広げた大きさは40cm近くになる。体毛は茶褐色で、全体に光沢がある。
生息環境 丘陵帯〜山地帯の林に生息する。大木の樹洞をねぐらにする。県内では、家屋をねぐらにする例が確認されている。
生態 夜間活動して昆虫類を食べる。出産哺育期は7月〜9月頃と考えられる。出産・哺育は50頭程度の集団で行われ、雌のみが集まり出産・哺育を行う。その間、雄は単独または数頭の集団で生活する。出産哺育期以外は、雌雄一緒に生活し100頭余りにもなる大きなねぐら集団を形成する。秋に交尾を行い、初夏に出産する。
分布状況 北海道、本州中部以北、対馬などに分布する。かつては本州全域及び四国、九州にも生息していたとされる。国外では中国東部、朝鮮半島に分布する。県内での現在の生存確認地は、白川村と岐阜市の2ヶ所のねぐらのみである。 分布情報図を拡大表示します
減少要因 生息するためには樹洞が形成されるような大径木のある自然林が必要である。したがって自然林の伐採により生息環境が消失しやすい。
保全対策 大径木のあるような自然林などは可能な限り広範囲の保全に配慮が望まれる。
特記事項
参考文献 ・コウモリの会編(2005)コウモリ識別ハンドブック:文一総合出版
・阿部永他(2008)日本の哺乳類[改訂2版]:東海大学出版会

 

文責:山本輝正