ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ヤチネズミ

ヤチネズミ Eothenomysandersoni(Thomas) 準絶滅危惧

 

ネズミ目ネズミ科

 

選定理由 分布域の一部において生息条件が悪化しており、種の存続への圧迫が強まっていると判断される。 写真を拡大表示します
形態の特徴 頭胴長80〜115mm、体重10〜35gのネズミ。体毛は背面が赤褐色から黄褐色、腹面は黄色味を帯びた灰褐色である。
生息環境 県内では亜高山帯〜高山帯に分布する。岩の多いところや草地などに生息しているが、調査が進んでおらず不明な点が多い。
生態 県内では採集された個体が少なく、詳細な生態は不明である。亜高山帯〜高山帯の林内や草地で夏場生息が確認されている。土中、岩場で生息する。繁殖期は春〜秋である。
分布状況 日本固有種。本州中部以北と紀伊半島の南部に分布する。県内では白川村、高山市上宝町、同市丹生川町、同市朝日町、飛騨市神岡町で確認されている。 分布情報図を拡大表示します
減少要因 県内での分布域はもともと狭いため、登山者の増加や道路の新設などによるさらなる生息域の減少があげられる。
保全対策 登山道以外の場所に立ら入らないような配慮が望まれる。
特記事項
参考文献 ・阿部永他(1994)日本の哺乳類:東海大学出版会

文責:梶浦敬一