ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

池ヶ原湿原湧水(いけがはらしつげんゆうすい)

池ヶ原湿原湧水

 

 飛騨市宮川町と神岡町の境界で標高1,000mのところに位置する池ヶ原湿原には、太古より豊かな湧水が出ていて、その自然の恵みを受けて、30万株とも40万株ともいわれる水芭蕉が咲き、その水芭蕉を包み込むように黄色の可憐な花のリュウキンカが咲き誇る群生地をつくっています。毎年4月上旬までは一面深い雪に覆われ、深山幽谷に囲まれた池ヶ原湿原に、遅い春が訪れる5月上旬より、雪解け水の豊かな水とともに、新たな自然の彩りが始まります。

 

名水所在地

地図飛騨市宮川町洞(外部サイト)

 

問い合わせ先(担当課)

飛騨市宮川振興事務所
TEL:0577-63-2312
FAX:0577-63-2312

 

交通アクセス

車:
名古屋方面より東海北陸自動車道飛騨清見IC→卯の花街道→飛騨古川→R360経由→飛騨宮川
富山方面より富山IC→R41経由→猪谷よりR360経由→飛騨宮川

電車:名古屋方面よりJR高山本線「飛騨古川駅」下車→バスにて飛騨宮川
*現地「坂上駅」「打保駅」「杉原駅」にタクシーなし