ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ウチジロナミシャク

ウチジロナミシャク DysstromatruncatafusconebulosaInoue 準絶滅危惧

 

チョウ目シャクガ科

 

選定理由 分布域の一部において生息条件が悪化しており、種の存続への圧迫が強まっていると判断される。 写真を拡大表示します
形態の特徴 翅を広げた大きさは26mm前後の蛾である。前翅は、赤褐色の地色に白や黒の波線が入り、黒点紋が現れる、やや不鮮明である。後翅は灰白色の中に黒点紋がある。
生息環境 森林限界以上の高山帯にのみ生息する「高山蛾」である。御嶽山の特異な環境に適する種と言える。
生態 詳しい生態は、全くわかっていない。成虫は7月〜8月に出現する。
分布状況 本州の限られた山岳地帯に分布する。県内では御嶽山でのみ産出し、その記録も多くない。生息域の極めて限定された種である。 分布情報図を拡大表示します
減少要因 登山者の踏み荒らし、酸性雨などによる植物群落の消失、生息環境の悪化が考えられる。
保全対策 生息環境の保全と温暖化の防止。また、御嶽山での詳しい調査を実施し、生息状況を把握するとともに生活史を解明し、保全対策をとる必要がある。
特記事項
参考文献

 

文責:船越進太郎