ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ウサギコウモリ

ウサギコウモリ Plecotusauritus(Linnaeus) 準絶滅危惧

 

コウモリ目ヒナコウモリ科

 

選定理由 分布域の一部において生息条件が悪化しており、種の存続への圧迫が強まっていると判断される。 写真を拡大表示します
形態の特徴 前腕長40〜45mm、頭胴長42〜58mm、体重5〜13g。耳介がウサギのように長く、他のコウモリと容易に区別できる。体毛は背中側が淡褐色で腹側は灰褐色である。
生息環境 山地帯の樹林に生息する。主として樹洞を昼間のねぐらとするが、洞穴、家屋、トンネルなどをねぐらとすることもある。
生態 出産哺育期は7月〜9月頃であると考えられる。樹洞以外にもねぐらを形成する種であるが、神経質な種で微妙な変化にも敏感に反応する。
分布状況 日本固有の亜種。北海道、中国地方を除く本州、四国に分布する。種としては、日本の他にヨーロッパ南部から中国東北部に分布する。県内では飛騨地方のみで確認されている。 分布情報図を拡大表示します
減少要因 山地帯の人工構造物内で確認されることが多く、その構造物の撤去や人の出入りの増加などでねぐら自体が消滅している。
保全対策 大径木のあるような自然林などは可能な限り広範囲の保全に配慮が望まれる。
特記事項
参考文献 ・コウモリの会編(2005)コウモリ識別ハンドブック:文一総合出版
・阿部永他(2008)日本の哺乳類[改訂2版]:東海大学出版会

 

文責:山本輝正