ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

トガリネズミ

トガリネズミ SorexcaecutiensLaxmann 準絶滅危惧

 

トガリネズミ目トガリネズミ科

 

選定理由 分布域の一部において生息条件が悪化しており、種の存続への圧迫が強まっていると判断される。 写真を拡大表示します
形態の特徴 頭胴長47〜77mm、体重3〜13g。尾が50mm前後で鼻先が突出している。体毛は背面が暗赤褐色、腹面は薄茶色である。アズミトガリネズミと似ているが頭骨が長い。
生息環境 亜高山帯から高山帯まで生息し、森林帯から草原の土中で生息が認められる。夜間は地表にも出てくる。
生態 落葉下の腐植層で生活し、地表にいる昆虫類やクモ類を捕食する。モグラのように地中に穴を掘ることはない。繁殖期は春〜秋であるが、生態の詳細は不明である。
分布状況 四国の山間地、中部地方以北に生息している。海外ではユーラシア大陸北部に生息している。県内では白川村、飛騨市神岡町、高山市上宝町、同市丹生川町などで確認されている。 分布情報図を拡大表示します
減少要因 本種の生息域は亜高山帯〜高山帯に限られ、県内での分布域は狭い。また、地表の腐植層で生活するため、生息環境は落葉が厚く堆積し、地表性昆虫類などの多い環境に限られる。
保全対策 昆虫類など餌生物となる小動物が豊富な林床の保全・創出に配慮することが望まれる。
特記事項
参考文献 ・阿部永他(1994)日本の哺乳類:東海大学出版会

 

文責:梶浦敬一