ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

特定外来生物「セアカゴケグモ」に注意してください

 セアカゴケグモは、生態系や人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすおそれがあるため、「特定外来生物」に指定されています。

 平成7年11月に大阪府内で初めて発見され、その後、西日本を中心に生息が広がり、北海道から沖縄県まで44都道府県で生息が確認されています(平成28年2月14日現在)。

 

「セアカゴケグモ」の特徴

〇成体のメスは約7から10mmで全体的に黒色(老熟すると黒褐色)をしています。

 背中には、中央に赤色の縦すじ模様があります。

 腹部の裏面には四角あるいは砂時計型の赤色の模様があります。

〇成体のオスは約4から5mmの大きさで腹部が細く、茶褐色をしています。

〇卵のうは直径10から15mmの乳白色の球形をしています。

 ※同じく腹部に赤色の模様がある「ジョロウグモ」と間違えられることがありますが、ジョロウグモは特徴的な黄色と青黒色のしま模様がありますので、簡単に区別ができます。

 kumo平成25年に県内で発見されたセアカゴケグモ(メス)体長約1cm

 

「セアカゴケグモ」を見つけたら

 セアカゴケグモを見つけたら、殺虫剤をスプレーするなどして駆除してください。

 セアカゴケグモはおとなしいクモですので、驚かせない限り、ヒトを咬むことはないと言われていますが、絶対に素手で捕まえようとはしないでください。

 もしも咬まれた場合には、至急、お近くの医療機関を受診してください。

 

お住まいの市町村または地域窓口の最寄りの岐阜地域環境室、もしくは各県事務所環境課で相談できます。