ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

オコジョ

オコジョ MustelaermineaLinnaeus 絶滅危惧II類

 

(環境省:準絶滅危惧) ネコ目イタチ科

 

選定理由 大部分の生息地で生息条件が明らかに悪化しつつあり、個体数が大幅に減少している。 写真を拡大表示します
形態の特徴 頭胴長16〜18cm、体重80〜105g、雄の方が大きいイタチの仲間。夏は背面が茶褐色で腹面は白色、冬は全身白色になる。尾長5〜13cmで先端部は黒色である。
生息環境 山地帯〜高山帯の限定された地域に生息しているものの、冬期は標高を下げて生息している。
生態 繁殖期は春。樹洞や石の隙間などにつくった巣で繁殖する。餌は主としてネズミ類、モグラ類などの小型哺乳類や鳥類で、自分の体より大きいノウサギや鳥などを捕食することもある。また、山小屋の残飯をあさることもある。
分布状況 本州固有の亜種。本州の中部地方以北に分布。県内では飛騨市神岡町、同市河合町、高山市上宝町、同市奥飛騨温泉郷、同市丹生川町、同市朝日町、白川村、中津川市付知町、同市加子母などで確認されている。 分布情報図を拡大表示します
減少要因 広いなわばりを持つが、道路建設による生息域の分断、樹林伐採によるネズミなど餌生物の減少などにより生息環境が悪化していることが考えられる。また、観光客の増加に伴う残飯などを狙ってキツネやカラスが本種の生息域に侵入することにより、感染症で病死している可能性がある。
保全対策 餌生物が豊富な自然林などは可能な限り保全するよう配慮が望まれる。また、登山時に発生したゴミ類は必ず持ち帰るよう配慮が必要である。
特記事項
参考文献 ・阿部永他(1994)日本の哺乳類:東海大学出版会

 

文責:梶浦敬一