ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

マシジミ

マシジミ CorbiculaleanaPrime 準絶滅危惧

 

(環境省:準絶滅危惧) ハマグリ(マルスダレガイ)目シジミ科

 

選定理由 分布域の一部において交雑可能な別種が侵入しており、種の存続への圧迫が強まっていると判断される。 写真を拡大表示します
形態の特徴 殻長30mm程度の三角形に近い形をした二枚貝である。殻表の成長脈はやや荒く、殻の色彩は黄褐色から黒色である。
生息環境 丘陵部から平野部の河川中・下流域の本流から支流、用水路、湖沼の砂泥底に生息する。
生態 河川中流域の砂質の底質を好んで生息する。湖沼に生息する個体は、大型になる傾向があるが個体数は多くない。繁殖期は春から夏で、雌雄同体で卵胎生である。
分布状況 日本固有種。東北から九州に分布する。カネツケシジミを含むタイワンシジミ類が日本に移入、定着した例は、1985年岡山県で最初に確認され、その後兵庫県など西日本において報告されている。 分布情報図を拡大表示します
減少要因 1990年代にカネツケシジミが定着し、本種分布域の多くでカネツケシジミと置き換わっていた。2008年の調査では、河川下流域、大きな水系とつながった水路などに、カネツケシジミが定着し、本種はほとんど見られなくなった。本種と同定される個体でも、交雑している可能性が高い。
保全対策 カネツケシジミが移入した水域では復元は困難だが、まだ移入していない生息地を早急に発見し、カネツケシジミが移入しないように措置を講ずる必要がある。
特記事項
参考文献 ・木村昭一(1994)東海地方の淡水貝類相.研究彙報(第33報):14-34.全国高等学校水産教育研究会
・木村昭一(2002)豊田市におけるカネツケシジミ(タイワンシジミ黄色型)の繁殖例.かきつばた,28:18-19.名古屋貝類談話会
・増田修・内山りゅう(2004)日本産淡水産貝類図鑑(2)汽水域を含む全国の淡水貝類:240pp.ピーシーズ
・愛知県(2009)レッドデータブックあいち2009:651pp.愛知県

 

文責:木村昭一