ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

クロホオヒゲコウモリ

クロホオヒゲコウモリ MyotispruinosusYoshiyuki 絶滅危惧I類

 

(環境省:絶滅危惧IB類) コウモリ目ヒナコウモリ科

 

選定理由 既知のすべての生息地で生息条件が著しく悪化しており、個体数が危機的水準まで減少している。 写真を拡大表示します
形態の特徴 前腕長30〜34mm、頭胴長38〜44mmで体重3〜9gの小型コウモリ。体毛は黒色で背中の毛の先は金色に輝いている。後足は大きく、側膜は外足指の基部につく。
生息環境 落葉広葉樹林帯の下部など比較的標高の低い場所で見つかる。樹洞を昼間のねぐらにしていると考えられるが、トンネルの窪みなどで見つかることもある。
生態 樹林で生活する。出産期は7月中旬である。産子数は1頭である。比較的標高の低いところで見つかる例が多く、本来は照葉樹林帯に分布していた種類と考えられる。林内の下層部を飛翔する。
分布状況 日本固有種。本州、四国、九州に分布する。県内では飛騨地方の高山市荘川町尾上郷・白川村馬狩、美濃地方の揖斐川町徳山で確認されている。 分布情報図を拡大表示します
減少要因 生息するためには樹洞が形成されるような大径木のある自然林が必要なため、自然林の伐採により生息環境が消失しやすい。丘陵帯の常緑広葉樹林と強く結びついた種であると考えられるが、県内では人間活動の活発な立地でもあり、生息に適した樹林は極めて少なくなっている。
保全対策 低山帯の大径木のあるような自然林などは可能な限り広範囲の保全に配慮が望まれる。さらには、長期的な視点での低山帯の森づくりなど積極的な保護策が望まれる。
特記事項
参考文献 ・コウモリの会編(2005)コウモリ識別ハンドブック:文一総合出版
・阿部永他(2008)日本の哺乳類[改訂2版]:東海大学出版会

 

文責:山本輝正